簡単な手作りケーキやお菓子のレシピ(作り方)をご紹介。デコレーションケーキやパウンドケーキ、誕生日のバースディケーキ、栄養満点かぼちゃ、りんご、栗、さつまいも、バナナ、にんじん、ヨーグルトや抹茶、おからなどを使ったパウンドケーキ、手軽なホットケーキミックスや炊飯器で作るケーキ。プレゼントやバザーにぴったりの焼き菓子やクッキー、チョコレート菓子などを自分で作ってみませんか?
サイトマップ

固くなったお餅を利用するいももちの作り方



◆簡単ケーキレシピ&おすすめスイーツ『 固くなったお餅を利用するいももちの作り方 』をご紹介。◆

お正月のお餅。固くなってしまったものを使って

おいしいいももちを作りませんか?

さつまいもの甘みと、きなこの香ばしさで何個でも手が出ます。

材料
切りもち 4個(200g)
さつまいも(処理後)500g
きなこ、砂糖、塩 適量

作り方
1.さつまいもを厚めに皮をむき、大きめの乱切りにして水にさらして
あくをとる。

2.鍋にいもとひたひたの水を入れて、柔らかくなるまで煮る。
ゆで汁を少しだけ残して、あとの水は捨てる。

3.鍋に細かく切ったもちを入れ、もちが柔らかくなるまで弱火でむす。
(水が少ないので、気をつけて)もちはレンジでチンしたものでも。

4.すりこぎで、いもともちを潰して混ぜ、適当な大きさに丸める。

5.きなこ、砂糖、塩を混ぜたものにいももちをからめてまぶす。

★きなこなどは、食べる直前に付けた方がべとつかない。
固くなったらラップをして30秒ほどチンする。

★果物の栄養と選び方

柿は、ビタミンCの含有量が、みかんの約2倍です。
柿の渋みの成分は、タンニンの一種、カキ渋タンニンといい、血圧を下げる効果があります。
また、アルコールデヒドロゲナーゼというアルコールを分解する酵素を含んでいるので、血中アルコール濃度の上昇を抑制します。
カリウムも含んでいますから、利尿効果があり、アルコールデヒドロゲナーゼとともに、二日酔いに効果的です
柿は、切ると色が変わりやすいので、切ってしまったら、酢やレモン汁をかけて、色が変わるのを防ぐようにしましょう。
保存袋に入れて、冷蔵庫で保存するのが一番です。
渋さがある場合は、常温で少し置いておけば、渋みが抜けていきます。
タグ:いももち 
かわいくラッピングした手作りのクッキーやケーキをプレゼントしてみませんか?簡単なケーキレシピ(作り方)やキット、本、取寄せケーキの通販など、自宅で手軽にできるケーキやお菓子の作り方、ケーキ教室情報などをご紹介します。
Powered by RSSリスティング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。