簡単な手作りケーキやお菓子のレシピ(作り方)をご紹介。デコレーションケーキやパウンドケーキ、誕生日のバースディケーキ、栄養満点かぼちゃ、りんご、栗、さつまいも、バナナ、にんじん、ヨーグルトや抹茶、おからなどを使ったパウンドケーキ、手軽なホットケーキミックスや炊飯器で作るケーキ。プレゼントやバザーにぴったりの焼き菓子やクッキー、チョコレート菓子などを自分で作ってみませんか?
サイトマップ

さつまいもとあずきのシンプルケーキ



◆簡単ケーキレシピ&おすすめスイーツ『 さつまいもとあずきのシンプルケーキ 』をご紹介。◆

さつまいもとあずきの甘みを中心に、あっさりとした味わい。

しっかりとした生地とクリームがよくあいます。

甘いものが苦手な男性でも食べられます。

材料
さつまいも 60g
重曹 少々
薄力粉40g
ベーキングパウダー小さじ半分
牛乳大さじ3
卵 2個
ゆであずき 50g
砂糖 40g

生クリーム半カップ
砂糖 小さじ2
ゆであずきを少々

1.さつまいもは皮を厚めにむいて1cmに切り、たっぷりのお湯に
  重曹を入れた鍋でゆでます。

2.煮えたらお湯を捨て火にかけて水気をとばし、裏ごしします。

3。さつまいもに常温の牛乳を加えてよく混ぜ、ゆであずきを加えて
  さっと混ぜます。

4.ボールに卵を入れて大きめのボールに熱いお湯をいれたものの中に
  底をあてながら混ぜ、砂糖を2回に分けて加えてよく泡立てます。
  お湯のボールをはずし、もったりするまで泡立て、さつまいも
  の生地に加えます。

5.薄力粉とベーキングパウダーをふるいながらくわえ、へらでさっと混   ぜ、天板にクッキングシートを敷いたものに流しいれ、170度で
  約20分焼きます。

6.粗熱がとれたら、シートをはずし、2枚にカット。生クリームに砂糖を
  加えて氷水に底を当てながら7分立てしたもの(好みでゆであずきを   少々加えても)を1枚の上にぬりもう1枚を重ねます。
  
★果物の栄養と選び方

柿は、ビタミンCの含有量が、みかんの約2倍です。
柿の渋みの成分は、タンニンの一種、カキ渋タンニンといい、血圧を下げる効果があります。
また、アルコールデヒドロゲナーゼというアルコールを分解する酵素を含んでいるので、血中アルコール濃度の上昇を抑制します。
カリウムも含んでいますから、利尿効果があり、アルコールデヒドロゲナーゼとともに、二日酔いに効果的です
柿は、切ると色が変わりやすいので、切ってしまったら、酢やレモン汁をかけて、色が変わるのを防ぐようにしましょう。
保存袋に入れて、冷蔵庫で保存するのが一番です。
渋さがある場合は、常温で少し置いておけば、渋みが抜けていきます。
かわいくラッピングした手作りのクッキーやケーキをプレゼントしてみませんか?簡単なケーキレシピ(作り方)やキット、本、取寄せケーキの通販など、自宅で手軽にできるケーキやお菓子の作り方、ケーキ教室情報などをご紹介します。
Powered by RSSリスティング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。