簡単な手作りケーキやお菓子のレシピ(作り方)をご紹介。デコレーションケーキやパウンドケーキ、誕生日のバースディケーキ、栄養満点かぼちゃ、りんご、栗、さつまいも、バナナ、にんじん、ヨーグルトや抹茶、おからなどを使ったパウンドケーキ、手軽なホットケーキミックスや炊飯器で作るケーキ。プレゼントやバザーにぴったりの焼き菓子やクッキー、チョコレート菓子などを自分で作ってみませんか?
サイトマップ

いちごのタルトレシピ



◆簡単ケーキレシピ&おすすめスイーツ『 いちごのタルトレシピ 』をご紹介。◆

お店で売っているようないちごのタルトも

基本をマスターすれば簡単に作れます。手作りのいちごソースは
ヨーグルトやアイス、レアチーズケーキなどに相性ばつぐんなので
覚えておくと便利です。

●基本のタルト生地の作り方はこちら>>

●カスタードクリームの作り方はこちら>>

1.基本の作り方でタルトを焼いて冷ます。

2.カスタードクリームを作って底にしく。

3.生クリーム1カップに砂糖を大さじ2〜3をくわえて
  氷水にボールの底を当てながら八分立てにホイップする。
  その半分をカスタードの上にぬり、上にいちごを綺麗に並べる。

4.ソースを作る。へたをとったいちご200gに砂糖と水を
  2分の1カップずつくわえて3分ほど煮る。
  ざるでこして、また火にかけてあくを取り、少量の水でといた
  コーンスターチ大さじ2をくわえ、とろみがでたらラム酒を
  大さじ1くわえて火を止める。

5.さましたソースをいちごの上からまんべんなくかける。
  残りの生クリームの泡立てた分を搾り出して飾る。


★果物の栄養と選び方
いちごは、ビタミンCが多く含まれており、たった、5,6粒で一日の所要量が摂取できます。
ビタミンCは、新陳代謝を促しますから、シミやソバカスなど肌のトラブルに有効です。
いちごを洗う時は、流水につけます。
洗う前にヘタを取ってはいけません。
水っぽくなって、ビタミンCが流れてしまいます。
いちごは、色が鮮やかで表面に光沢のあるものを選びます。
あとは、形がしっかりしているもの、ヘタがみずみずしいもの、緑が濃いものをえらびましょう。


★柿は、ビタミンCの含有量が、みかんの約2倍です。
柿の渋みの成分は、タンニンの一種、カキ渋タンニンといい、血圧を下げる効果があります。
また、アルコールデヒドロゲナーゼというアルコールを分解する酵素を含んでいるので、血中アルコール濃度の上昇を抑制します。
カリウムも含んでいますから、利尿効果があり、アルコールデヒドロゲナーゼとともに、二日酔いに効果的です
柿は、切ると色が変わりやすいので、切ってしまったら、酢やレモン汁をかけて、色が変わるのを防ぐようにしましょう。
保存袋に入れて、冷蔵庫で保存するのが一番です。
渋さがある場合は、常温で少し置いておけば、渋みが抜けていきます。

かわいくラッピングした手作りのクッキーやケーキをプレゼントしてみませんか?簡単なケーキレシピ(作り方)やキット、本、取寄せケーキの通販など、自宅で手軽にできるケーキやお菓子の作り方、ケーキ教室情報などをご紹介します。
Powered by RSSリスティング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。