簡単な手作りケーキやお菓子のレシピ(作り方)をご紹介。デコレーションケーキやパウンドケーキ、誕生日のバースディケーキ、栄養満点かぼちゃ、りんご、栗、さつまいも、バナナ、にんじん、ヨーグルトや抹茶、おからなどを使ったパウンドケーキ、手軽なホットケーキミックスや炊飯器で作るケーキ。プレゼントやバザーにぴったりの焼き菓子やクッキー、チョコレート菓子などを自分で作ってみませんか?
サイトマップ

いちご豆乳セーキレシピ



◆簡単ケーキレシピ&おすすめスイーツ『 いちご豆乳セーキレシピ 』をご紹介。◆

こんにちは。

いちごの季節もあとわずか。今健康食品として大人気の豆乳を使って

おいしくてヘルシーな簡単ドリンクを。

おやつや、食欲がないときには朝食代りに。

材料 4人分
いちご 25から30個
豆乳 4カップ
砂糖 大さじ5

いちごは洗ってへたをとる。
材料を全部あわせて、ミキサーにかける。(または泡だて器で混ぜる)
グラスに注いで氷を入れる。

このとき、豆乳のにおいが気になる人はレモン汁少々を加えたり
レモンの輪切りを浮かべるといいです。

同じように
★オレンジミルクセーキ
卵黄3個にオレンジジュース100%を1カップ半、牛乳2カップ半、氷を加えて
よく混ぜて注ぐ。

★抹茶セーキ
砂糖1カップと同量の水をなべで煮とかして冷ます。
少し皿にとり、抹茶小さじ4を加えてのばす。
牛乳4カップに全部加えてミキサーにかける。

★牛乳の栄養と選び方

牛乳には、カルシウムが100gあたり、100mg含まれています。
骨を丈夫にするだけでなく、神経の高ぶりやイライラを静める効果があり、動悸や心拍数を安定させるのにも効果があるとされています。
牛乳にはビタミンB2が含まれ、脂質や炭水化物をエネルギーに変える働きがあります。
ビタミンC・Eとともに過酸化脂質を抑えますから、動脈硬化や白内障にならないための健康維持に役立つと言われています。
たんぱく質は、牛乳100g中3g弱で、たまご1個分に相当します。

牛乳のカルシウム吸収率は、40〜70%と高いです。
しかし、カルシウムを体内で吸収するには、ビタミンDが必要不可欠です。子供は日光にあたり、体内で生成するのが一番良いでしょう。大人の場合は、なかなかそういう訳にはいきませんので、ビタミンDを含む食品を一緒に摂ることが必要です。
とにかく新しいものを選びましょう。
種類があるので、成分無調整、低脂肪、カルシウム増量、濃縮など、目的によって選び方は変えましょう
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

かわいくラッピングした手作りのクッキーやケーキをプレゼントしてみませんか?簡単なケーキレシピ(作り方)やキット、本、取寄せケーキの通販など、自宅で手軽にできるケーキやお菓子の作り方、ケーキ教室情報などをご紹介します。
Powered by RSSリスティング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。